エピソード

仕事を通じて学んだことは、 人との繋がりで成り立っていることを実感できる信頼と、人の気持ちを考える事の大切さ。

人材ビジネス業界で働いてきて、心に残っているエピソードは?

ゼネラルエンジニアリング株式会社へ入社し、秘書、人事、営業の3部門を経験しました。元々、人と接するのが好きな私は、現在の営業の業務が一番やりがいを感じています。

まず、様々な企業を回り、派遣社員の活用をお願いしに行くため多くの出会いがあります。6年前に新規で訪問した企業の担当者に、「派遣の営業は一度挨拶に来て、すぐに担当が変わり、状況確認の連絡もしてこない人が多くて信用できない。小松さんはこれからどんな営業マンになるか楽しみだね。」と言われたことがあります。その時言われた言葉がとても心に響き、まずはどのお客様にも信用してもらうこと、私を知ってもらうことから始めようと思い、必ずお客様の近くまで訪問したら一報入れるなど、できることからやってみました。今ではその言葉を頂いたお客様とは取引開始となり、お世話になっている派遣社員も評価が高く満足して頂いております。

また、もう一つは派遣社員へのアフターフォローも魅力です。自動車業界で10年継続していた派遣エンジニが、念願の家電業界へ配転できるよう調整し、その後、本人から『ありがとう、楽しく仕事ができているよ』と感謝の言葉をもらう瞬間が、一緒に頑張ってきてよかったと実感できます。

このように、派遣エンジニアが派遣先で生きいきと働く姿を見て、ひとりの人生のキャリアを支援したことにやりがいに感じることができます。当社はエンジニアの成功例、失敗談は会社が成長するためには貴重な材料になりますので、全員で共有しています。

今後もお客様の信頼に応えるため、社員一丸となって更なる技術力の向上に力を入れていきます。

そのエピソードで感じたこと、そのエピソードを通じて学んだことは何ですか?

お客様から人材募集の話しを頂く際、『人材の紹介を是非、小松さんにお願いしたい。』と言われることがあります。これは長年の信頼関係から生まれる言葉だと思います。また、お客様にエンジニアを紹介するときも、エンジニアと今後についてじっくり話しをし、将来の目標に近づくよう働きかけるよう心がけています。これらのことから、人との繋がりで成り立っていることを実感できる“信頼”と、人の気持ちを考える事の大切さを学べました。

人材ビジネスで頑張る皆さんへー激励メッセージ

「勇」という漢字は、湧き出る力という意味です。勇気とは普通の人が怖がり、不安に思い、躊躇することを屈することなく、自分が正しいと思うようにやり遂げる、積極的な気持ちです。一緒に成長していきましょう。

小松弘子

ゼネラルエンジニアリング株式会社営業部

ゼネラルエンジニアリング株式会社入社。

管理秘書、新卒・中途採用、営業支援など、一貫して人事関連業務に携わる。

   
更新日時:2015年05月

関連するタグ