エピソード

新卒エンジニアを派遣したお客様がおっしゃった、「ダイヤの原石を磨いてダイヤにできるかは我々次第。上原さん、一緒にスクラム組んで彼を輝かせましょう。可能性は無限大です」とお言葉に、日々業務に忙殺されて見失いがちな「人の可能性を信じ待つことの大切さ」を学ばせて頂いた。

人材ビジネス業界で働いてきて、心に残っているエピソードは?

人材ビジネス業界は本当に多くの「人」との巡り合わせがあります。お客様の業界も多種多様、また担当させていただく「人」の年齢や肩書きもさまざまで、日々多くのことを学ばせていただいております。
私が京都営業所に配属された際、初めて担当させて頂いたお客様(A社)では、当社の新卒社員エンジニアをご活用いただいていました。彼は新卒社員ですから、業務を経験することも初めてです。そのため、本人への業務状況の確認は数多く行っていました。一方で、お客様とも適宜、状況確認を行っていた中で、お客様よりこのようにおっしゃっていただいたのです。
「彼には良いところがたくさんあります。例えば、みんなが嫌がる単純作業でも、根気よく対応してくれます。また先日は、ある失敗をした際に、その後しっかりと周囲の関係者を巻き込み、結果的にそれまで誰も気が付いていなかった別の問題を発見することができました。ダイヤの原石を磨いてダイヤにできるかどうかは我々次第です。もしかしたら我々が正しいと思っていることは必ずしも正解ではなく、われわれ自身も変化しなければならないのかもしれない。上原さんと一緒にスクラムを組んで、彼を輝かしていきましょう。可能性は無限大です」。
また「彼には当社で経験を積んで、いずれ離れたときに、どこでも通用するエンジニアになってほしい。縁があって出会えた仲間ですから」とのお言葉をいただけました。
外部社員にもかかわらず、自社社員との垣根なく一人の人間として、仲間として、また当社をパートナーとして見ていただいていることに感動するとともに、日々業務に忙殺されて見失いがちな「人の可能性を信じ待つことの大切さ」をお客様から学ばせていただく機会となりました。

そのエピソードで感じたこと、そのエピソードを通じて学んだことは何ですか?

「人の可能性を信じ待つ」ということは、決して「甘やかす」や、「何でも言うことを聞く」という安易なことではなく、その人に「真正面から本気で向き合うこと」ではないでしょうか。
この姿勢を貫き通すことが当社の大事にしている「人間力」の向上につながると考えています。

人材ビジネスで頑張る皆さんへー激励メッセージ

社会・企業はすべて人と人との関係で成り立っていますが、人材ビジネスに携わることは、ほかのどんな業界よりも、人の大切さ・重要性を学べる機会が多くあり、それが自己の成長にもつながります。
ぜひ自ら機会を創り出し、その機会によって自らを変えていきましょう。

メイテックフィルダーズ 植原さま

上原 好智

株式会社メイテックフィルダーズ京都営業所

新卒で人材ビジネスの会社に入社。茨城・神奈川で7年の営業経験後、本社部門にて営業企画業務に従事。その後転職し他業界に移るものの、人材ビジネスの魅力・やり甲斐を再認識し、再びこの業界に戻りました。現在はメイテックフィルダーズの営業として、新規顧客開拓・既存顧客対応・エンジニアのキャリア支援に奮闘中です。

   
更新日時:2015年11月

関連するタグ