エピソード

仕事に対して熱い気持ちを持ち、常に高い目標を掲げて挑んでいるプロ中のプロと思える派遣スタッフと出会い、「これぞ本当の派遣の姿。派遣の働き方!」だと実感できたことが今に繋がっている。

人材ビジネス業界で働いてきて、心に残っているエピソードは?

人材サービス業務に携わり始めた平成13年は、仙台という地方都市でようやく「派遣という働き方」が認知され始めた頃でした。
仕事で知り合った方の中で、特に印象が残ったのは、「派遣スタッフ」という働き方に大変前向きに、「その道のプロフェッショナル」として誇りを持ち、仕事に対する考えや熱い気持ち、更なる目標を掲げ挑んでいる方でした。
仕事をし始めた私は、年齢に関係なく目標を設定し常に前へ進む姿に大変感銘を受けました。派遣先においても一目おかれる存在であり、10数年経った今も同じ派遣先で「重鎮?」のように働かれています。私が現在まで当業界で働いているのは、その方のおかげだと思っています。
継続的に目上の方々と人間関係を深めていけるのはとても嬉しいです。

そのエピソードで感じたこと、そのエピソードを通じて学んだことは何ですか?

目標を持つからには達成する!!その大切さを学びました。
高い目標を達成したときの達成感は何事にも代えがたいです。
また、商談、面接、職場見学、フォロー、トラブルの対応は「対面」を基本とし心掛けておりました。
表情、仕草から本心、思考、価値観はどうなのか? など人間性を感じ取れる事ができるようになり、円滑な人間関係やビジネス関係を構築することが出来たように思えます。

人材ビジネスで頑張る皆さんへー激励メッセージ

普段接する機会の少ない多種多様な業種のクライアントの経営者層、人事責任者からヒアリングを
経て商談、折衝交渉を対等の立場で行えるという経験はとても貴重で有意義です。
またそのような方々とビジネス以外でも交流する場を得ることができ、貴重な人脈を得られたのは
この業界ならではではないかと感じております。

普段の生活では知り得ない業界の詳しい動向情報を知ることができ、経済の流れが見えてくると
とても楽しく感じる仕事だと思います。

澁谷昌克

株式会社シグマテック北東北・教育事業部 所長

飲食店、自動車チューンナップ/販売店での店長経験ののち、
平成13年3月より人材サービス業界に携わる。

   
更新日時:2015年11月

関連するタグ