エピソード

出会えた学生に、「一つでも心に残る何かを」が採用活動の信条

一番心に残っているエピソードは?

【会社にも学生にも実りのある採用活動を行いたい】

 

私が初めて新卒採用に携わったのは、入社2年目が間もなく終わろうとしている頃でした。当時、人事異動で総務課に配属になり、右も左も分からない状態の中、ちょうどその時期に開催された地元の大学の合同会社説明会に参加したのが担当としての初めての仕事だったと思います。

以降、時代の変化に合わせながら、なんとか毎年採用活動をこなしてきました。年数を重ねるごとに、いかに採用の仕事が重要で大変かということを実感し、良い学生と出会うための試行錯誤を繰り返しています。特に、近年は、売り手市場が続いており、せっかく内定を出したのに、学生に断られることもしばしばといった状況です。会社が学生を選ぶという考えだけではなく、学生からも選ばれているのだということを以前よりも強く意識するようになりました。そういう状況から、いつの間にか私の活動は、自社のPRばかりに・・・。弊社に興味をもてなかった学生にとっては、何もプラスにならないものだったと思います。

 

そんな中、ある日自社で行った会社説明会の最後に、弊社の社長が学生に向けたメッセージ。

 

「就職先を決めるのは、結婚相手を決めるのと同じくらい重要なことです。この1度しかないチャンスに、多くの企業を見て、調べて、自分がずっと付き合えると思う企業を探してください。」

 

社長のこのメッセージから、私は大事なことを気づかせられました。採用活動は自社の押し売りではいけないということを。

採用の仕事は、会社にとって時間もコストもかかる大変なものです。

ただ、それは学生も同じです。たくさんの時間とコストをかけて就職活動を行っている皆さん。活動中に出会った学生全員が選考を受けてくれるとは限りません。また、選考に来てくれた学生全員を採用することもできません。

せっかく出会えた学生に、少しでも何かが残るように。特に人材サービスの会社として、学生にとって何か一つでもプラスになるアドバイスを。そんな活動を引き続きしていきたいと思っています。

そのエピソードで感じたこと、そのエピソードを通じて学んだことは何ですか?

何事も一方通行では上手くいかないということ。

相手を尊重し思いやることで、新しい価値観や考え方が生まれるのだなと実感しました。

迷った時、悩んだ時、何かを変えたいと思ってこのサイトを見る人材ビジネスに携わる方々に 元気と勇気が湧くような激励の一言メッセージを是非お願い致します!

人材ビジネスはダイレクトに人を支え人の役に立てる仕事だと思っています。

多くの方が笑顔になれるよう、サポートしていきたいですね。

★③[派遣協_201607]伊予鉄総合企画(遠藤さま)

遠藤 貴恵

伊予鉄総合企画株式会社 経営管理本部 総務人事課

2009年入社 総務・人事・労務を担当

   
更新日時:2016年07月

関連するタグ

新卒採用は年間を通しての活動で大変なものです。ただ今年は応募者も急増し、これまでの努力が実を結んだのではないかと思います。前向きに、根気よく頑張る姿勢に共感します。(引き続き女性のリーダーとしても頑張ってくださいね)新卒採用で出会った皆さんに感謝の気持ちを忘れず、これからも頑張ってください。                  (上司より)